食生活を見直して からだメンテナンス|公益社団法人富山県栄養士会

でも、痩せることにはリスクがあります。
20歳代女性のおおよそ5人にひとりはBMIが18.5未満の痩せであると報告されています。
チェック
あなたの体型は痩せ型?標準?表を見て調べてみましょう

BMI早見表を見る

痩せによって起こる健康問題

  • 鉄欠乏性貧血

    食事量が少なく、体内の鉄が不足することで発症します。鉄が不足すると、体内への酸素供給量が減り疲れやすくなるだけでなく、爪が割れたり、肌荒れや髪質も悪くなるなどの影響も。

  • 骨粗しょう症

    痩せすぎると、骨を強くする作用のある女性ホルモンが減少し、骨がスカスカになって、骨折しやすくなったりします。20歳代は、骨密度がピークを迎えます。この時期にしっかりと栄養を蓄えることで、骨粗しょう症を予防できます。

  • 卵巣機能障害

    女性ホルモンのエストロゲンが早期に低下し、更年期障害の諸症状が現れたりします。卵巣機能障害は、不妊症につながる場合があります。

しっかり朝ごはん

1日3回の規則正しい食事、「主食、主菜、副菜」がそろった食事に気をつけましょう。
生活リズムは、朝ごはんを食べることによって整います。朝ごはんを食べないと、空腹感で集中力が低下し、勉強や仕事に悪影響が表れます。さらに最近は、朝ごはんを食べないことによって逆に太ってしまう、との報告もされています。
朝ごはんを見直して、「健康的なカラダ」をつくりましょう。

でも、朝は忙しい…というあなたに「朝ごはんステップアップ」

時間栄養学をご存知ですか?

私たちは1日24時間、一定の周期で生体リズムを刻んでいます。
生体リズムをリセットするのが朝の日差し朝食です。朝食を食べると体温が上がり、体内時計が整えられ代謝のよい体になります。

朝食の効用

しっかり食べる朝ごはんを中心に3食バランスよく食べる工夫

  • 片づけを簡単に!
  • スムージーなどドリンクをつくろう!
  • 朝の便利なたんぱく質源
  • 作りおきや市販品を活用
  • バランスのよい1日の食事の例
  • 手軽にたんぱく質補給
  • 冷蔵庫に余った食材で
  • しっかり食べるポイント
  • 糖質+たんぱく質を常に意識しましょう。
ページトップ